メニュー
トップ  >  業務の流れ

1.申し込みは申し込みフォームからどうぞ

にてご連絡ください。

その際、以下の内容について確認をいたします。

お客様のご連絡先  
録音媒体

カセットテープ、MD、音声ファイルであれば、ファイル形式(wav、mp3等)と記録媒体(CD-R、MO、USBメモリ等)
 

※ビデオテープ等は一度カセットテープにダビングしますので、ダビング料金が発生いたします。詳しくは当社営業までご連絡ください。

録音時間数 収録されている音声すべてを起こします。ある部分だけ、といったご指定がある場合は事前にお知らせください。
録音状態 ライン録音(マイクからの信号を直接録音)かそれ以外。
※録音状態が悪いものはお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
会議等の名称、形式 講演形式、会議形式、パネルディスカッション形式、インタビュー形式等
ご希望納期 ご希望に沿えるよう最大限努力いたします。
その他ご希望 ファイル形式(通常ワード)、納品・請求先等の変更がございましたら、お伝えください。

2.テープ・資料を送付してください

宅配便等でお送りください。
お近くの場合、当社営業が取りにお伺いいたします。

お預かりするものは以下のとおりです。

  • 録音媒体

     
  • 配付資料:全員にお配りになった資料、パワーポイント等の表示資料

     
  • 会議に関する資料:発言者一覧、式次第・日程等

    ※音声ファイルをインターネットでお送りいただくこともできます。
    音声ファイルは容量上、E-mailで送ることはできませんので、ファイル転送サービス等をご利用ください。

到着後、当社より確認のお電話をいたします。

3.作業を開始します

作業工程は以下のとおり、全部で7工程行います。4.チェック、5.校正は社内の専門技術者が行う「社内2回校正」です。

  1. 入力作業:入力技術者が話者の意図をよく酌み取りながら、丁寧に入力していきます。

     
  2. 聞き直し:入力ミスや聞き間違い、聞き漏らしがないか、テープと突き合わせをします。

     
  3. 読み直し:文章としておかしいところはないか、テープを聞かず、文章を読み直します。

     
  4. チェック:校正専門技術者がお名前や固有名詞等、資料とのチェックをしていきます。

     
  5. 校正:さらに別の校正専門技術者が聞き直していきます。ニュアンスを残しつつ、読みやすい文章にする技術は特筆に値します。

     
  6. 直し:校正者の直し(朱入れ)を確実に直していきます。

     
  7. 直しの確認・最終確認:直しが確実に行われているか確認し、大量の文章については整合性がとれるよう最終確認を行います。体裁等もここで整合を取ります。

4.原稿を送信します

E-mailの添付ファイルでお送りいたします。
当社自慢の原稿を、ぜひあなたの目で確認してください!
※FD、CD等での納品をご希望の方はお預かりのものと一緒にお送りします。)
 

5.資料の返却・お支払い

お預かりした資料やテープ等を宅配便でお送りします。
納品書・請求書も同梱いたしますので、1カ月以内に銀行振り込みにてお支払いください。

アフターサービスについて

私たちは成果品についての品質を保証いたします。万が一、当社の不備や間違いがございましたら、無償で修正いたします。仕上がりにご不満・ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

(録音の状況から聞き取れないもの、資料の不足等などから生じる専門用語の間違い、お客様の都合で納期を短縮したもの、編集的要素の強いものは除きます。)






名北ワード株式会社
〒509-0135 岐阜県各務原市鵜沼羽場町5-176
TEL 058-370-1112 FAX 058-384-6650